環境貢献製品


タムラグループでは、製品のライフサイクルを見据え、環境影響の最小限化に取り組むとともに、プレミア環境貢献製品の開発・提供を通じて地球環境への貢献を目指します。



タムラグループは、従来からお客様や社会の環境負荷低減に貢献する製品を「プレミア環境貢献製品」(当社独自基準で評価)としており、2017年4月からは従来の基準に加え、社会的課題の解決に資する製品(CSV)の視点を追加するとともに、自社の収益向上にも資する製品を認定しています。
プレミア環境貢献製品の詳細はこちらをご覧ください。

2018年度は、プレミア環境貢献製品の売上比率12%を目標に売上拡大に取り組み、わずかに目標未達成となりました。
さらなる開発・提供を通じて環境負荷の低減に貢献していきます。







プレミア環境貢献製品の紹介
タムラグループでは、開発・設計段階で製品環境アセスメントを実施し、環境影響の最小限化に取り組むとともに、プレミア環境貢献製品の開発・提供を通じてSDGs(持続可能な開発)への貢献を目指しています。


◆共振L、臨界モード用高効率・高性能高周波リアクタ
エネルギー、空調等様々な分野において共振回路や臨界モード等リアクタの損失が増大する回路が使用される事例が増えています。本製品は高周波の損失を極限まで抑えるため、コアは低損失フェライトコアを、巻線にエッジワイズを採用し高周波ロスを低減しています。更にギャップを分割することでギャップからの漏れ磁束によるロスを低減しており、そのギャップ構成を検討するにあたり磁場解析を有効に活用しました。このようにリアクタの構造・構成を検討することにより、更なるロス改善、省エネルギー化に貢献しています。 
 




◆車載用高信頼性・耐クラック性ソルダーレジスト「DSR-2200ACR-11」
環境対応車(ハイブリット自動車、電気自動車等)の拡大に伴い、制御に必要となる電子制御ユニット(ECU)の車1台辺りの搭載数は増加傾向にあり、省スペース、軽量化のためにはこれらECUが、より厳しい高温環境下に設置されることが想定されます。そのため、ECUに使用されるプリント基板用のソルダーレジストにも高温環境下への耐久性向上が求められます。本製品は、従来品よりも高温耐久性と低弾性特性(柔軟性)を向上させることで、高温環境を想定した-40℃⇔+125℃の冷熱サイクル試験において、ソルダーレジスト中のクラック発生を大幅に抑制し、従来品と比較して20倍以上のサイクル数寿命を達成しました(当社試験基板評価結果)。また、柔軟性に優れることから湾曲させて搭載が想定される基板(リジットフレキ基板)にも適用可能であり、曲げて搭載することでの省スペース化にも貢献するハロゲンフリー対応品です。





◆高信頼性低反発液状ソルダーレジスト「PAF-800-17A」
柔軟性を維持しながら狭ギャップでの絶縁信頼性を大幅に向上させたフレキシブルプリント配線基板(FPC)用のソルダーレジストです。標準的な厚み(銅配線上10-20μm)において、厚み方向に高い絶縁性を確保できることから、従来製品では困難であった電磁波シールドフィルムのソルダーレジスト表面への積層が可能となります。現在FPCでソルダーレジストと併用されるポリイミドフィルムを使用したカバーレイを置き換えることで、FPCの製造工程削減による省エネルギー化やFPCの薄膜化、更には低発特性を生かして薄型のディスプレイ周辺などの狭いスペースへのFPCの組み込みが可能な省スペース化にも貢献するハロゲンフリー対応品です。










◆ジェット対応Pbフリーソルダーペースト「JDS204F-MJ21-HF」「JDS204G-MJ21-HF」
本製品は、Pbフリーに代表されるSAC305のはんだ組成を使用し、かつ、JPCA-ES01規格で定められた「ハロゲンフリー」に対応しています。既存の印刷工法では位置合わせの難しいFPC基板、従来の印刷機では印刷難度の非常に高いキャビティを有する基板や立体的な基板へのはんだ供給といった用途において、非接触のはんだ塗布工法としてジェットディスペンス工法導入の検討が進められています。
現在「JDSシリーズ」は、塗布径に合わせて2種類のソルダーペーストを製品ラインナップ化し、ジェットディスペンスにおける吐出安定性と飛び散り(サテライト)低減に対応します。非接触/マスクレスの工法のため、従来の工法では必須であったマスク洗浄工程も削減できるため、製品、工法の両面で環境に配慮された製品です。




◆省エネリフローTNVシリーズのVersion UPモデル「TNV-Ver.Ⅲ」
省エネリフローTNVシリーズのVersion UPモデル、「TNV-Ver.Ⅲ」。今回の新製品では、装置内部の気体を効率的に誘導する対流制御技術を搭載しました。その結果、炉内へのフラックス付着の低減による清掃頻度低減、窒素消費量の低減が可能となりました。清掃周期を伸ばすことで、顧客における生産効率の向上、窒素消費量低減による省エネルギー化、清掃頻度低減による省資源化が実現します。







◆DECT規格インターカムシステム
「DECT規格インターカムシステム」は、従来の「デジタルインターカムシステム(PHS規格)」に比べ利便性の向上と大規模なシステムの構築が可能となります。







◆超薄型看板用LEDモジュール「シャイニングソレイユ」
「シャイニングソレイユ」は、薄型片面看板用のLED光源です。両面看板用のLED光源「シャイニングアクシス」同様に光波独自の光学設計により、超薄型看板厚(30ミリ)まで対応可能な光源になります。「シャイニングソレイユ」は片面看板用で超薄型に特化したLED光源でありながら発光ムラを抑えるため、微細加工技術を用いた光学レンズを採用し均一な発光を実現しました。既存の薄型看板厚30ミリ程度に使用されている導光板光源と比較し、重量を約60%軽減したため、搬入・設置までの省エネ・環境貢献にも繋がります。







◆大電流対応クローズドループ型電流センサ/S30, S42シリーズ
全世界で急速に拡大を続ける再生可能エネルギー市場(風力発電、太陽光発電)において、発電設備に使用されるDC/AC変換制御、供給電流監視用に数千アンペアクラスの高精度・高信頼性電流センサが求められています。
S30、S42シリーズはそのニーズへ対応するため、従来品よりも大幅な低オフセット化、低温度ドリフト化、dv/dt出力誤差低減と合わせてコア形状最適化および薄型化により20%軽量化を実現しました。




◆ハロゲンフリー対応汎用型ソルダーペースト「TLF-204-HF35」
本製品はPbフリーはんだ組成を使用し、かつ、JPCAES01規格で定められた「ハロゲンフリー」に対応した環境貢献型のソルダーペースト製品です。
従来のハロゲンフリー製品では、作業特性が劣ることが課題となっていましたが本製品は、高い信頼性と作業特性の両立を実現しました。
市場では微細部品の搭載が増える中でリードレス部品でのボイドやチップ脇ボールが課題となっており、この課題に対して、実現困難であったハロゲンフリータイプにおいて当社比で50%以下の低減を達成しています。 幅広い顧客のニーズに対応する製品として拡販してまいります。




◆kW級超高効率電源
サッカー、野球などの大型スポーツ施設にはAC400V系の交流電源が供給されているものが多数あります。
これまではダウントランスを使用し、AC400VをAC200Vまで降圧させて使用していますが、ダウントランスの損失が加わることで大幅な効率低下(90%程度)や、重量も大きくなるなど多くのデメリットがありました。本製品はダウントランス不要でAC400Vを直接制御し、さらに幅広い出力範囲で高効率・高力率を実現した製品です。








◆低反発フレキシブル基板向け液状ソルダーレジスト(PAF-300-N11シリーズ)
ハロゲンフリーで豊富なカラーバリエーションに対応したフレキシブル基板向けソルダーレジスト「PAF-300-N11シリーズ」。
ハロゲンフリーで、VTM-0の難燃性をもっています。 低弾性に設計することにより反発力が非常に低いため、 FPC基板を折り曲げての組み込みが容易です。



◆デュアルレーンツインチャンバーリフロー装置(TNV33-7010EMT)
デュアルレーンツインチャンバーリフローは、2列の独立駆動の搬送コンベヤを持ち、チャンバー内を仕切り2つの異なる温度プロファイルを設定可能な、2台のリフローを1台に集約した画期的なはんだ付装置です。
シングルレーンリフローを2台設置するのと比較して36%の省スペースとなり、デュアルマウンタとの組み合わせで、お客様の効率的な生産ライン構築に貢献します。また、TNVシリーズで実績のある省エネ断熱構造で、シングルレーンリフロー2台と比較すると安定時電力約10%、積算電力約12%の消費電力削減を実現、さらには大量生産でもフラックスが詰まりにくく清掃しやすい構造で、メンテナンス性も向上しました。
既に50台以上を納品し、お客様から高い評価を得ております。






◆省エネN2デュアルリフロー装置(TNV60-588EMD)
省エネリフローとして既に多くのユーザーにご使用いただいていますTNVシリーズに、新たにデュアル搬送機構のN2リフロー装置が加わりました。この装置は、2列の搬送コンベヤを持つことにより、1台で2台分の基板実装が可能となるリフロー装置です。
TNVシリーズにて実績のある省エネ断熱構造を継承することにより、TNVシングル搬送2台と比較すると約45%の消費電力削減を実現しました。また、設置面積においても約45%の削減になります。車載関連ユーザー様を中心に導入していただいています。







◆PFC用高効率・低コスト・高性能リアクタ CTWシリーズ
あらゆる産業分野において、省エネルギー化の動きが年々活発になっています。CTWシリーズは、さまざまな機器の省エネルギー化を実現するために使用される、PFC (Power Factor Correction/力率改善)回路用の部品として開発したタムラ独自の製品です。その特長として、1)Hybrid技術及び構造の最適化:異素材鉄心の組み合わせによる特性の最適化、主材料である電線と鉄心以外の使用材料を最小限に抑えることにより、省資源化、省エネルギー化に貢献します。2)Spike Blocker®技術:スパイク・ノイズを最小限に抑える(右図)ことにより、周辺回路部品を削減し、省資源化、省エネルギー化に貢献します。





◆ハロゲンに代わる高輝度LEDモジュール P-LEDシリーズ
高輝度ハロゲンランプと代替可能なLED集積光源を実現しました。
LEDならではの長寿命・高効率の特長を有しており、既存のハロゲンランプのような照らされて熱く感じる赤外線の放射もありません。また、独自の高放熱構造により、高密度・大電流での動作を可能にし、今までのCOBパッケージでは不可能であったハロゲンランプを代替可能な性能を実現しています。

            



◆看板照明 薄型両面看板用光源モジュール シャイニングアクシス
「シャイニングアクシス」は、薄型両面看板用のLED光源です。光波独自の光学設計で超薄型の看板厚(60ミリ)まで対応可能な光源になります。 従来、薄型の両面看板には導光板方式の光源が採用されており、発光効率も悪い上、高い初期投資費用が問題点でした。一方で看板の薄型化が進み、その市場ニーズと従来光源の課題解決が可能な側面照射方式で、且つ均一面発光が可能なLED光源需要が急速に高まっています。光波独自の光学設計を駆使した特殊レンズが採用されているアクシスは、薄型看板の発光ムラを極力抑え、また、従来よりもワンランク上の防沫設計(IPx4)を実現した新しいLED光源です。また、2ラインナップの組み合わせにより、多種多様なサイズの看板に対応可能なフレキシビリティを備えています。長い看板市場での経験を活かし、施工を更に容易にするための接続用オプションパーツも同時に商品化しました。






◆電源モジュール(SPM、EPM、BPMシリーズ)
省エネルギー化の法律規制強化が、世界的に進んでいます。また、エコ特性を付加価値とする電気製品も拡大しており、電源の省エネルギー化要求は高まる一方です。
高効率電源モジュール(SPM、EPM、BPMシリーズ)は、無負荷時の消費電力特性と、軽負荷時(製品の待機状態)の効率特性を、大幅に向上させたモジュールです。お客様の「業界最高水準の省エネルギー製品を、短期間で開発したい」という要求に対応し、使用電力量の削減と開発工数の削減に貢献します。

            



◆フレキシブル基板用ソルダーレジスト PAF-300シリーズ
近年、スマートフォンやウエアラブル製品に代表される、携帯機器には小型化、薄型化、軽量化、高機能化の要求があり、プリント配線板にも薄型化、軽量化、高密度実装対応が要求されています。そのような電子機器には、益々フレキシブルプリント配線板(FPC)の使用が進んでいます。
PAF-300シリーズはFPC用ソルダーレジストとして必要な折り曲げ性等の機能だけではなく、デザイン性を求めるお客様の声に応え、「機能性・安全性とともに退色しない色彩の美しさ」を併せ持った「ハロゲンフリーで難燃性を有し柔軟性に優れた多色対応可能なソルダーレジスト」です。

【特徴】    ● 環境対応:ハロゲンフリー ● 安全性対応:難燃性(UL対応)
 ● デザイン性対応:多色対応 ● 機能性対応:折曲げ性・低弾性低反発・低反り性






◆太陽光発電向け高性能PVリアクタ
太陽光発電を行う際の電力変換装置(パワーコンディショナー)には、その電力変換効率をたとえ僅かでも向上させるための最新技術が盛り込まれています。その電力変換装置に搭載されるリアクタをPVリアクタとして標準化されたトータル108種のバリエーションにてカタログ化しました。その特徴は、1)異素材コアを組み合わせたHybrid技術、2)スパイクノイズを最小限に抑え、変換装置のEMC対策に貢献するSpike-Blocker技術、3)2つのMPPTを1台のリアクタで機能させるCB-Reactor技術があり、装置のセット効率向上に貢献しています。このPVリアクタはタムラが自信を持ってお届けする世界標準リアクタです。






TOP