環境経営

タムラグループは、環境方針にSDGs(持続可能な開発)を追加し継続的な改善活動により環境負荷の低減に取り組むとともに、持続可能な社会づくりへの貢献を目指しています。





環境マネジメントシステムの統合
タムラグループは、2006年度より、グローバルに統一した環境マネジメントシステムを構築し、2018年度までに16社24サイトを統合し、タムラグループ全体の環境パフォーマンスの向上、環境ガバナンスの強化に取り組んでいます。



推進体制
タムラグループは、代表取締役会長をトップとし、環境マネジメントシステムを管理するため、統括環境管理責任者を設置し、各サイトの事業部門の責任者を委員とした「タムラグループEMS委員会」を組織しています。
タムラグループEMS委員会は、システムの運用に関わるコミュニケーションの向上や水平展開、グループ全体の環境パフォーマンスの改善を推進しています。

■推進体制図 (2019年4月1日現在)




タムラグループISO14001認証証明書
タムラグループISO14001認証証明書は こちらをご覧ください。


TOP