天津工場の移転・生産拡張についてのお知らせ

2014/08/07 株式会社タムラ製作所

株式会社タムラ製作所(本社:東京都練馬区、代表取締役社長:田村直樹)は、中国国内に供給するフラックスを製造する天津工場を移転し、生産可能な品目を増やします。

自動車関連工場が多く集まっている地区に工場を移転・増設することにより、中国国内の車載向け、エネルギー市場需要の増加に対応できるように体制を整えると共に、中国国内の車載向けのソルダーペーストも生産できる体制を整えていき、華北・東北地区を中心に地産地消による中国事業の拡大をいたします。


【概要】

天津工場は、2012年に中国国内向けのフラックス生産工場として操業をスタート致しました。
2014年6月には、移転を終了し、7月より一部生産をスタートいたします。
2014年中に、全ての施設での稼働を目指し、2015年中には生産規模を拡大し、年間売上倍増を目指します。



【移転後の天津工場の概要】

名 称  :     田村電子材料(天津)有限公司
TAMURA ELECTRONICS MATERIAL(TIANJIN)CO.,LTD
所在地  :     中国天津濱海高新区濱海科技園 高新2路199号
No199, Binhai High-tech 2nd Rd Binhai New Area , Tianjin , China
敷地面積 :     6640m²
建築面積 :     2105m²
延床面積 :     4160m²
生産品目 :     ポストフラックス、希釈剤、各種ソルダーペースト




【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社タムラ製作所 経営管理本部 経営支援IRグループ
TEL 03-3978-2031
TOP