先輩社員紹介

マイナビ2018

 

難しい条件の中で新製品を開発し、
自動車業界と自社の発展に貢献していく



電子部品事業本部 車載技術G
2005年入社 
機械情報工学科出身


入社の決め手


就職活動をしていた当時は自動車部品メーカーをメインにしつつも、あまり拘らずに幅広く企業を探していました。たまたまナビサイトで様々な企業の情報を見ていた際、タムラのミキサーに興味を持ち会社説明会に行ってみることにしました。実際に話を聞いたところ、部活などがあり社風がとても良さそうだと感じたこと、トランスなどシェアNo.1の製品を持っていることを知り、独自の強みを持っている点に惹かれ入社を決意しました。


入社時~現在の業務


入社してから民生用のアダプタやトランス、リアクタの機構設計に携わりました。その後、ここ3年ほどは車載用リアクタの構造設計を担当しています。顧客は国内の大手自動車メーカーが主ですが、当然のことながら自動車は安全性が重要ですので、信頼性に対する評価は厳しく、その他にも振動条件やスペース、強度など、様々な制約をクリアしなければ製品として認められません。
また、設計業務だけでなく、仕様が出来上がった後に提案内容を顧客に説明したり、寸法などの交渉も自分で行っています。幅広い業務に携わっているのが特徴です。




 

この仕事のやりがい


お客様と様々な交渉ややり取りを通じ、感謝の言葉を頂いたときや、自分が設計した製品が売り上げに繋がったときに遣り甲斐を感じます。
また、技術職ならではだと思いますが、開発業務に於いて起きる現象に対しては必ず理屈があり、勉強することでその理屈を理解でき、理解したことが結果につながる――そうした実感を持てることに仕事の面白さがあると思います。


今後の目標


最近では海外向けの案件も増えてきており、英語が出来るとスムーズに仕事が進められるため、辞書を使わずに英語で資料を作成出来たり、会話が出来るようになりたいです。
また、自分の担当案件だけでなく部署で扱っている全ての製品について把握し、全体をコントロール出来る立場になりたいと思っています。 「彼に聞けば何でも分かる」と言われるような存在になりたいです。








職場の雰囲気
良い緊張感を持ちながらも気軽に会話できる環境です。分からない事や問題が発生すれば上司や先輩からアドバイスを貰えますし、すぐに答えが出ない問題についても、その場で一緒に考えて貰えるような職場です。後回しにされるようなことはまずありません。
私も後輩に対しては同じように接するよう心がけています。


休日の過ごし方

会社の野球部に所属しており、部長を務めています。月に二回程度、練習や試合などの活動を行っています。
その他は家族で過ごす時間が多く、買い物や公園に行くなど、妻や子供と過ごすオフの時間を楽しんでいます。


皆さんへメッセージ

どの会社に入るかよりも、入ってから何が出来るのかの方が重要だと思います。一つ一つの物事に自分の考え方を持って対応することで、その後の結果が大きく変わってきます。気持ちの持ち方一つで結果も変わってくるので、小さな積み重ねが非常に重要です。
社会人になってからは本当に時間が経つのが早く感じますので、一日一日を大切に過ごしていただきたいです。

TOP