先輩社員紹介

マイナビ2018

 
自分が開発したマイクがテレビ局や劇場、駅などで使用され、エンターテイメントを支える縁の下の力持ちを担っていると実感できることがやりがい



ブロードコム事業部 技術統括部
2009年入社 
電子情報工学科出身 




入社の決め手


想定よりも就職活動では苦戦しました。周りの友人が次々と内定を獲得する中、必死で様々な会社を調べていたところ、タムラ製作所の求人が目に留まり、まずは説明会に行ってみようと参加してみたのがきっかけでした。実際に説明会で話を聞いてみると、音声卓やマイクなどを開発している会社であることが分かり、自分が学校で学んできたことを生かせると思ったこと、また、もともとある歌手のファンをしており、音楽に関する仕事には密かに関心を抱いていたことから自分の向いているベクトルと一致していると感じました。


入社時~現在の業務


 研修が終わって約1年程は先輩の指導の下、開発製品の性能評価や信頼性評価の補助を担当していました。少しずつ技術について知識を習得してきた頃に現在の部署に配属になり、配属後はデジタルインカムや駅用のワイヤレスマイクの開発をしています。また、開発だけでなくテレビ局や劇場などに納めるシステム設計も担当しています。開発にあたっては顧客の一番近くに常にいる営業との綿密な打ち合わせが重要です。また、月に1回~2回ほど私自身も顧客先へ訪問することもあり、納品した製品の使用環境を確認する等、仕様確認~開発設計~顧客サポートまで幅広い業務に携わっています。



学生時代の研究内容


電子情報工学科に所属しており、電気回路、電子回路、プログラミングなどを学んでおりました。研究室ではマイコンを使っての「デジタルマルチメータの製作」や「超音波を使った電子ペンの製作」を行っていました。現在、タムラの仕事で製品開発を行っておりますが、学校で培ったプログラミングや電子回路の知識を最大限に生かすことができています。



この仕事のやりがい


私が開発した製品が実際に各テレビ局や劇場、鉄道の駅で使用されています。自宅で何気なくテレビを見ているとき に自分がデジタルインカムを納品したスタジオを目にする機会もあり、皆さんの生活インフラやエンターテインメントを縁の下から支えている・・・それを実感できることにやりがいを感じています。







今後の目標

電子回路部の製品開発や試験を行うことが多いため、それだけではなく無線回路部に関わる部分についてもより知識を深めていきたいです。


休日の過ごし方


日頃の運動不足解消と健康管理のため、毎週必ず朝一でジムに行きます。筋トレ1時間、水泳1時間でたっぷりと体を動かした後は友人と都内で待ち合わせをして食事や買い物、映画を見に行ったりします。また、月1回は旅行に行くことを目標にしており、休日は全国を旅しています。


TOP