DIGITAL AUDIO MIXING CONSOLENT110

  • NT110 はTAMURA フラグシップモデルNT880 の機能と信頼性を継承した小型デジタルミキサーです。

    16 チャンネルの物理フェーダーを持ち、標準実装の16 アナログ入出力と拡張スロットによる入出力の追加機能を備え、中継現場やスタジオ等幅広い用途でご使用頂けます。

  • NT110 DIGITAL AUDIO MIXING CONSOLE

特長

    • EIA19 インチラックマウント可能なコンパクト設計
    • 16 チャンネルの物理フェーダーを搭載し、2LAYER(各 BANK に AB 面あり)3 BANK 構成でインプット 48チャンネル、アウトプット32 チャンネルの合計 80 論理チャンネル
    • サラウンド機能が実装されており、中継現場でのサラウンド制作が可能
    • カスケード機能により2 台のNT110を接続し物理フェーダー32 チャンネルとして使用可能(オプション)
    • 標準入出力は、アナログ16入出力(MONO)、AES3id 2入出力(STEREO)と補助入力2(STEREO)を装備
    • 2つの拡張スロットにより入出力の追加でAES3id、MADI、Dante 等の音声フォーマットと接続可能(オプション)
    • 拡張スロットへのGPIO カード実装により外部制御入出力機能が使用でき様々な用途での使用が可能
    • サンプリング周波数は48kHz/96kHzに対応
    • 電源二重化仕様で放送等高い信頼性が必要な場面での運用に最適
    • 小型ミキサーながら音声処理部は二重化可能(オプション)
  • NT660 DIGITAL AUDIO MIXING CONSOLE 柔軟な操作性

仕様

仕様及び外観など、改良のため予告なく変更することがありますので、ご了承ください。
総合定格 供給電圧(AC) 100~240V 50/60Hz
供給電圧(DC)   12V/14.8V
消費電力   150W
外形寸法 (側板・前板あり) 490(W) × 221.5(H) × 610(D)mm
外形寸法 (側板・前板なし) 430(W) × 220.5(H) × 550(D)mm
使用温度範囲
-10~40℃
使用条件
連続
入出力定格 伝送周波数範囲 (Fs=48kHz) 20 ~ 20.000Hz
伝送周波数範 (Fs=96kHz) 20 ~ 40.000Hz
サンプリング周波数 (Fs=48kHz / 96kHz) 48kHz / 96kHz
信号処理数 (Fs=48kHz / 96kHz) 80ch/40chm
カスケード接続時   160ch/80ch
同期信号 同期信号入力 VIDEO (NTSC/PAL)・WORD (TTL/1Vpp)・AES3id・Dante
同期信号出力 WORD (TTL)
音声入出力 音声入力 MIC/LINE INPUT モノラル16(XLR)
SUB INPUT モノラル4(XLR)
AES3id INPUT ステレオ2(XLR)
COMM INPUT モノラル1(XLR)
音声出力 LINE OUTPUT モノラル16(XLR)
AES3id OUTPUT ステレオ2(XLR)
TB OUTPUT モノラル1(XLR)
HEADPHONE OUTPUT ステレオ1(XLR)
METER出力(8ch)   1ポート(TTL)
OPTION SLOT   2 SLOT
冗長化用 SLOT MAIN CARD (BACKUP用) 1 SLOT
制御入出力 LAN PORT 1ポート(LAN)
基準レベル 音声基準入力レベル (アナログ MIC) +10~・64dBu
(アナログ LINE) +4dBu
音声基準出力レベル (アナログ LINE) +4dBu
音声基準入出力レベル (デジタル) -18dBFS / -20dBFS
HA ヘッドルーム   20~36dB
音声系統 MASTER BUS 2系統 (5.1SURROUND+STEREO)
SUMMING BUS 16系統 (モノラル換算)
AFL BUS 1系統 (5.1SURROUND+STEREO)
PFL BUS 1系統 (STEREO)
MONITOR OUT 4系統 (5.1SURROUND/STEREO×1、STEREO×3)
HEADPHONE OUT 1系統 (STEREO)

カタログダウンロード

TOP