温度ヒューズ用語説明

公称動作温度 Tf
電気用品安全法では公称動作温度と呼び、海外安全規格(UL60691、C-UL CAN/CSA-E691-94、EN60691)では、Rated Functioning temperature と呼んでいます。 温度ヒューズに検知電流を流し、規格に定められた昇温速度で動作させた時の動作温度は、公称動作温度に対し、電気用品安全法では、±7°C、IEC規格に準じた規格では+0°C, -10°Cの範囲内と定められています。弊社温度ヒューズの動作温度は、両者の規格を満足させる温度です。公称動作温度の記号は、「Tf」と定められています。
動作温度
1分間に0.5°C~1°C上昇するオイルバス中で、0.1A以下の電流を通電し、温度ヒューズが動作した時の温度であり、使用する際の目安です。安全規格で要求される定格温度ではありません。
ホールディング・テンプ Th 温度ヒューズに電流を流すと電流値に応じて自己発熱を生じ、無負荷時よりも低い環境温度で温度ヒューズは動作します。IEC規格(IEC60691)に準じた規格では、定格電流を168時間流し続けても動作しない最高保持温度をHolding temperatureと呼んでいます。ホールディングテンプの記号は、「Th」と定められています。
マキシマム・テンプリミット Tm 温度ヒューズ本体やリード線に力が加えられていない状態で動作した温度ヒューズが、10分間再導通しない最高温度として、IEC規格(IEC60691)に準じた規格で定義されています。マキシマムテンプリミットの記号は、「Tm」と定められています。
定格電力 定格周囲温度で抵抗器に連続して負荷することができる電力の最大値。
最高使用電圧 抵抗器に連続して印加できる直流電圧または交流電圧の最大値。
最高過負荷電圧 抵抗器に短時間印加できる直流電圧または交流電圧の最大値。
定格周囲温度 規定の定格負荷を加えて連続使用できる周囲温度の最高値。
使用温度範囲 抵抗器を連続して使用できる周囲温度の範囲。
公称動作温度 Tf 電気用品安全法では公称動作温度と呼び、海外安全規格(IEC60691、UL60691、CAN/CSA-E691-94、EN60691)では、Rated Functioning temperature と呼んでいます。 温度ヒューズに検知電流を流し、規格に定められた昇温速度で動作させた時の動作温度は、公称動作温度に対し、電気用品安全法では、±7°C、IEC規格に準じた規格では+0°C、-10°Cの範囲内と定められています。 弊社温度ヒューズの動作温度は、両者の規格を満足させる温度です。公称動作温度の記号は、「Tf」と定められています。

ピックアップ

TOP