従業員との関わり

タムラグループミッションの実現に向け、従業員自身が成長し、より大きな力を十分に発揮することができるよう、人事制度の整備や人材育成を実施するとともに、ワークライフバランスを重視した様々な取り組みを行っています。

人権
   人権の尊重・差別に関する方針
   従業員についての考え方・方針
   人事制度・人材育成

労働
   労働に関する基本方針
   安全衛生
   メンタルヘルス対応
   多様性の推進



 人権

人権の尊重・差別に関する方針

タムラグループでは、「タムラグループ行動規範」を制定し、事業活動と職務遂行の上での行動や判断の基準としています。その中の "基本的人権の尊重" の基本方針として、企業活動の中での国籍、人種、民族、性別、年齢、宗教、信条、社会的身分、疾病および心身の障害等に基づく差別を禁止しています。また、細則として、いかなる差別的言動、暴力行為、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント等の人権を無視する行為や、性的嫌がらせ・虐待、身体的懲罰、精神的・身体的強要、暴言による虐待などの過酷で非人道的な扱い等を禁止しています。



従業員についての考え方・方針

タムラグループは、従業員一人ひとりの「パートナーシップ」「革新する勇気」「多彩な個性」「社会的責任」、そして「人間的な成長」を大切にするとともに、公正な視点で従業員を評価し、努力によって成果をもたらす人を最も称賛します。また、従業員の健康と安全のため、快適で能率的な職場環境を整え、それぞれのライフスタイルの充実を支援していきます。



人事制度・人材育成

◆人と組織を活性化する人事制度の運用

人事マネジメントの「育成」「配置」「処遇」という3要素を適正かつ効果的に運用し、人と組織の活性化を図るため、公正・公平な人事評価制度を運用しています。評価にあたっては、「行動特性評価」と「目標チャレンジ評価」に基づき、従業員の一人ひとりを公正な視点で評価します。さらに、人事評価の公平性・透明性を担保するため、管理監督者層には評価者研修を義務づけています。また、処遇にあたっては、年齢、学歴、性別などにとらわれず、従業員の職務・職責に基づきグレードを定める職務グレード制を導入しています。
当人事制度の運用は国内にとどまらず、タムラグループとして、グローバル基準で人事マネジメントを行うために、海外の各現地法人にも展開しています。


◆「全員が主役のグローバル企業」を目指すグローバル人材の育成

従業員一人ひとりのグローバル人材としての成長期待を明確化し、また既に海外ビジネスで経験を積んだ従業員の貴重なグローバルスキルや、海外現地採用従業員のスキルが会社の財産として公正に評価される仕組みを運用しています。
国内グローバル人材育成の一環として、階層別に種々の研修を実施しています。2015年度は若手従業員向けには、新入社員全員を対象とした海外研修(中国・韓国)を実施、管理職向けには、中国・韓国・バングラデシュのナショナルスタッフ経営層も含む次世代グローバル経営層を対象とした育成研修と、海外現地法人で活躍する日本人若手経営層を対象とした経営層人材短期養成研修を実施しました。
海外人材の育成については、韓国・台湾において、従業員全員を対象とした経営理念教育を実施しました。タムラグループの経営理念をグローバルに展開することで、タムラグループとしての一体感を醸成するとともに、ナショナルスタッフのモチベーションの向上を図りました。


次世代グローバル経営層育成研修

中国天津での経営理念教育

韓国での経営理念教育



◆教育研修体系

タムラ製作所では、従業員の職務に必要な知識・技能の習得のため、また管理職、経営層育成のため、階層別スキル別の教育研修を実施しています。







 労働


労働に関する基本方針

タムラグループでは、「タムラグループ行動規範」を制定し、事業活動と職務遂行の上での行動や判断の基準としています。その中の "基本的人権の尊重" の細則として以下の内容を規定しています。
 ・「結社の自由の尊重」:各国の法令に従った結社の自由と、労働組合への加入等の権利の尊重
 ・「不当労働の禁止」:強制労働、債務労働、奴隷労働、非自主的囚人労働、児童労働の禁止



安全衛生

従業員の安全、健康を確保し、かつ適正な作業環境を形成・維持することは、企業が継続していくために最も重要なことです。そこで、労働安全衛生法に基づいて設置が義務付けられている事業所においては 「安全衛生委員会」 を設置して、労働災害の防止、交通事故の防止、公害の防止、火災防止に関する問題点を抽出し、対策を講じています。


◆防災訓練の実施

自然災害等を想定した各種訓練を実施しており、2015年度も各事業所での避難訓練及び安否確認訓練を行いました。


◆交通安全の取り組み

万が一の事故対応に備えるとともに、運転者の安全運転配慮意識の向上を企図し、2013年度に各事業所の全社用車にドライブレコーダーを設置しました。レコーダー設置後の交通事故及び危険運転は減少しており、効果を上げています。2015年度も自動車利用者を対象とした交通安全教室を各事業所で実施し、ドライブレコーダーの記録映像を活用した事例検証や運転適性検査などを行い、更なる交通事故防止の啓発に努めています。
今後も交通事故の減少に寄与すべく、このような取り組みを続けてまいります。



メンタルヘルス対応

適正な職場環境を維持するために、管理監督者を対象にメンタルヘルス研修とEラーニング(「メンタルヘルス(ラインケア)」)を実施し、メンタルヘルスケアに関する基本知識の習得および「心の不調者」の発生予防と早期発見を図りました。
また、健康管理の観点、および適切な初動対応のために、全従業員を対象とする産業医による面談と、専門カウンセラーによるストレスカウンセリングの場をそれぞれ月一回設け、従業員やその上司を対象としたサポート体制を整えています。



多様性の推進

◆女性の活躍推進


タムラグループでは、性別にかかわらず優秀な人材の採用や登用、就業継続のための取り組みに力を入れています。2016年4月からの女性活躍推進法施行に対応し、3年後の目標値と行動計画を制定しました。行動計画では、「女性活躍推進のために人と組織の意識改革を図る」「女性が活躍できる職場環境を創るためにワーキングマネジメントを改善する」「女性のキャリアを支援し、雇用継続を促進するための新しいプロセスを創る」「女性の積極的な登用を目指す」ことを定め、2019年度には女性管理職の比率を2015年度に比べて2倍にすることを目標としています。制度整備や啓蒙、教育など様々な施策を計画的に実行し、女性の活躍を推進してまいります。


◆育児休業

1994年より社員育児休業規程の整備を順次進め、制度利用を積極的に推進しております。2015年度は女性の育児休業の取得率は100%、男性の育児休業取得も進んでいます(56%)。また、女性の育児休業からの復帰率及び復帰時の育児短期間勤務の利用率はともに100%で、高い水準の制度利用を維持しています。
仕事と育児を両立しやすい環境整備の取り組みが評価され、次世代育成支援対策推進法に基づく「子育てサポート企業」(くるみんマーク取得企業)として、厚生労働大臣の認定を受けております。


◆障がい者雇用と高齢者雇用

ダイバーシティ推進のため、障がい者雇用と高齢者再雇用に取組んでいます。障がい者雇用は、新卒採用などにより、雇用率が2.4%に達しました。また、定年後再雇用者も2%を超えるなど、幅広く多様な人材の活用を図っております。


 

<バングラデシュに大規模女子寮開設>

関係会社のオプシード・バングラデシュ・リミテッドは最大700名収容の大規模女子寮を建設、2016年2月に開設しました。同社のあるチッタゴン周辺の借上げ寮は劣悪な環境で賃貸料も高騰の傾向にあるため、自社で直接管理する安全・安心・快適な住居を整備し、良い人材の安定的確保と従業員の定着率向上に取り組んでいます。







TOP